2005年12月22日

ブログが履歴書の代わりになる可能性(殴り書き)

はてなの近藤社長の日記のエントリにあったエントリ『ブログで人材採用』

履歴書や職務経歴書は1日あったら(もっと短くても)書けるけど、1年分のブログは1年かけて書くもので、そこでより本人の興味や姿が出てくるという。

でもそういうことを考えながら書くブログは「こう見られたい」エントリばっかにならないやろか?


いえ、先日行った面接で「いま興味ある技術とかありますか?」とか聞かれてこうね華々しいことがいえないヘタレなわけですよ。

ちょっとのぞき見気分でWEB2.0とかAjaxとかそういう単語のでてくるブログとかね、サイトとか行ってみてすげーと思うのですがそんなの面接でいえなかったですよ。
開発しないし。

でも興味あることとかそんなんも自分用メモとしてこのブログでも書いて残しておきたいわけですよ。

チラシの裏に買いてろ、って感じですか?

なのでブログは読んでくれる人がいるということ、パブリックなものという認識はあるのですが、「そんなん誰もみてへんやろ」な気分で書きなぐりたいわけです。

こんなの情報発信でもなんでもないな。

というそんなツンデレとかかいてあるようなブログをとても面接官にだせるわけないと思った雪の日でした。



posted by sabo10 at 22:59| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的ないろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。