2006年01月07日

アドレスといえば?

先日会社で作業をしておりましたところ、同僚から「アドレス教えてください」と言われました。
すかさず私のPCのIPアドレスを伝えました。
同僚は「ありがとう」といって作業を続けておりました。

その数時間後。

同僚は「アドレスとだけ聞かれているのに、IPアドレスが返答された。そのときはなんの違和感もなかったが、普通はメールアドレスとか住所が返ってくるもんじゃないのか」

というようなことを言うので、まあまあとなだめておりました。
どうやらこのアドレス=IPアドレスという構図がなんだか普通の感覚ではなくある意味技術屋の臭いがすると思ったらしいです。
(そうでもないよ!)
次に同じことを聞かれたときはMACアドレスやI/Oポートアドレスを答えてもっと同僚を喜ばせたいと思います。(いや、悲しい目をするな)

IPアドレスで思い出したあるハッカーの自爆話。

Matzにっき 『ある「ハッカー」の顛末』

127.0.0.1は自分のアドレス(ここらへんに詳しくあります)なのですが、ハッカーを名乗りながらそれをご存知なかったようで・・・。

(・∀・)ニヤニヤ




posted by sabo10 at 23:47| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 話のタネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。