2006年01月16日

宝当袋でまちおこし

仕事の話をしにいったはずなのに、なぜか故郷の面白い話を聞いてきました。

私の実家は佐賀県にあります。
一昔前ならはなわの歌でお茶の間にも聞こえた「佐賀県」であります。

歌になるぐらい地味な県ですが、唐津焼や有田焼といった陶磁器や熱気球の世界大会バルーンフェスタの開催地であったり、お菓子はモンドセレクション受賞「佐賀錦」、玄界灘の海産物がうまい「呼子」といろいろあるのです。

そんな私も知らなかった佐賀の新名所がなんと東京での打ち合わせで聞くことになろうとは。

佐賀県唐津市にある小さな島「高島」。
過疎の進むこの島では寂れていく島をどうにかせにゃいかんと考えていた。
島には宝当神社という縁起の良い名前の神社があり、そこで「宝当袋」を島興しのために考案した。
袋の中に宝くじを入れてもらうと「宝当袋」の名のとおり当たるといいね・・・、とそんな思いで作ったと思う。

そこから奇跡が起こった。
なんと袋の製作にかかわる身内から「宝くじ一等賞」がでたのだ。
続けて袋を縫う作業をしている島のおばあちゃんたちからも宝くじ当選者が出始めた。
噂が噂を呼び、テレビ番組などで放送されるにつれ宝当神社への参拝を求めて観光客がものすごく増えた。
島興しは大成功だった。

宝くじが当たる宝当袋
これが噂の宝当袋

それまで唐津市から高島までぽんぽん船で往復していたのがジェット船(水上タクシー「水星」かな?)も増える盛況ぶり。

ネットでのグッズ販売も順調で、宝当神社は年商3億円を稼ぎ出すとんでもない神社になったそうだ。

離れて暮らしている故郷って「なにもないところです」といいがち。
私もはなわが歌うまではそういってました。(歌が有名になってもその内容から複雑なものでしたが)
ずーっと住んでいた地域・県のこと知らないことが多いです。
でも見つかったときの嬉しさと誇らしさは何十倍ですね。


関連リンク
高島HP
佐賀県限定サーチエンジン&コミュニティサイト さがすばんた

佐賀県
佐賀県
posted with amazlet on 06.01.16
はなわ 小林俊太郎 CRY-叫-
インペリアルレコード (2003/05/21)
売り上げランキング: 71,114



posted by sabo10 at 22:18| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。