2006年04月04日

落ち着く昭和の喫茶店

カフェ、というより喫茶店が好きなのです。
しかも昭和臭のする感じのがいい。
そんな喫茶店にありがちな項目を思いつくままに書いてみる。

・ドアを開けるとカランコロンと鳴る

・表の看板の上にパトライトが回っている

・赤い絨毯

・コーヒーを頼むとピーナツがついてくる

・ジュースがホットになるメニューがある

・銀色の1枚皿(お盆みたいなの)でランチとかがでてくる

・ライターを貸してと頼むと徳用マッチを貸してくれる

・さりげなくおかんアートがディスプレイされている
 もしくは激しく主張している


うちの近所にあるもう30年もやってるという喫茶店はとてもいいよ。
昼過ぎにいくと店主のおっさんが寝てます。

広島市にある房州、ルーエぶらじる、モンクの3店も好きだったな。
上の項目には当てはまらないけど。


喫茶遺産
喫茶遺産
posted with amazlet on 06.04.04
沼田 元気
平凡社 (2002/12)
売り上げランキング: 66,392



去年ルノアールで
去年ルノアールで
posted with amazlet on 06.04.04
せきしろ
マガジンハウス (2006/02/23)




posted by sabo10 at 21:46| 大阪 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 個人的ないろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
mixiは、pottann といいます。
私も大阪で、kenさんの仕事しています。
よろしくお願いします。
Posted by 土屋 晴子 at 2006年04月14日 16:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16137465

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。