2005年05月14日

これも個人情報保護法でなんとかならんかね

憤懣本舗「嫌がらせの『屋台』・無神経な『役所』」

大阪に引っ越してきてそろそと1年弱たちますが、関西地域はたこやき屋が多い。
なんか店舗と店舗の狭い通路みたいな隙間にある日突然店ができていたりする。
また、路上や娯楽施設周辺へ車で乗り付けて商売を突如開始することもある。路上で販売している場合は夜間が多くシャッターの閉まった他の店舗の前に出していることが多いと思う。

リンク先の記事は、突如現れた移動式たこ焼き屋の販売活動および脅迫によって閉店に追い込まれた喫茶店の話である。

経緯の概要は「喫茶店の前にたこ焼き屋がなんの断りもなく商売を開始する」→「喫茶店客数激減・ゴミ散乱近隣迷惑」→「喫茶店店主が役所に通報」→「たこ焼き屋、通報されたことに激怒し喫茶店へ攻撃開始(あそこの店は高いしまずいしなどと吹聴)」→「たこやき屋が脅迫まがいの言動(うちの息子ヤクザやねんで)」→「結局、喫茶店閉店」

たこ焼き屋が無神経なのはいうまでもないが、「店主が役所に通報」→「たこ焼き屋喫茶店攻撃」の流れにも大問題。店主が役所に通報したことによりたこ焼き屋と役所の間で話し合いがあったらしいが、そこで役所側が通報した喫茶店店主の名前を漏らしたらしい。

「あなた喫茶店の前でやってはるでしょ?あそこの○○さんからいわれましてねぇ〜」とでもいったのだろうか。アホが。役所側は「うっかり漏らしてしまった」とコメントしているようだがこういう不用意な個人を特定とする情報の流出もなんとかできんのかね。

オフィス街では移動式のお弁当屋さんなんかも多数いる。前にテレビでみたが若い女性がやっている移動式お弁当屋さんは、駐車スペースに気を使ったり路上駐車して販売する場合は近隣の店舗に了解をとってたよ。

若い娘ができること、なぜ先達である年長者ができないか。
「テキヤはみんなこうやで!」っていうなよ。


posted by sabo10 at 09:55| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的ないろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。