2006年04月04日

落ち着く昭和の喫茶店

カフェ、というより喫茶店が好きなのです。
しかも昭和臭のする感じのがいい。
そんな喫茶店にありがちな項目を思いつくままに書いてみる。

・ドアを開けるとカランコロンと鳴る

・表の看板の上にパトライトが回っている

・赤い絨毯

・コーヒーを頼むとピーナツがついてくる

・ジュースがホットになるメニューがある

・銀色の1枚皿(お盆みたいなの)でランチとかがでてくる

・ライターを貸してと頼むと徳用マッチを貸してくれる

・さりげなくおかんアートがディスプレイされている
 もしくは激しく主張している


うちの近所にあるもう30年もやってるという喫茶店はとてもいいよ。
昼過ぎにいくと店主のおっさんが寝てます。

広島市にある房州、ルーエぶらじる、モンクの3店も好きだったな。
上の項目には当てはまらないけど。


喫茶遺産
喫茶遺産
posted with amazlet on 06.04.04
沼田 元気
平凡社 (2002/12)
売り上げランキング: 66,392



去年ルノアールで
去年ルノアールで
posted with amazlet on 06.04.04
せきしろ
マガジンハウス (2006/02/23)




posted by sabo10 at 21:46| 大阪 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 個人的ないろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

お茶をにごしつつ

花粉最盛期になってまいりました。
目が覚めても目が開きません。
「ばりっ」とはがさなければなりません。

と、つらい毎日なのでかわいいものでも見てなんか血中によさげな物質でも流れないかなと妄想しております。

・動物の子供特集

・Cute Overload

なんか、ふんわりしているものがよさそうな気がするのですよ。

posted by sabo10 at 19:01| 大阪 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 個人的ないろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

ブログ自動生成ツールとseesaaの対応エントリについて

先日seesaaのスパム対策のエントリを書いてから「seesaa自動作成ツール使えなくなって残念」みたいなTBされている方がおりますが、どういう意図でTBされたのかしりませんが自動生成ツール使っていることについてちっとは恥を知れや、と思っているのですが言いすぎですか?

seesaaで使えなくなったからじゃあ他ので、じゃねえだろと。
「そういうスパム行為(と実際認定されているし)につながるので自動生成ツールの利用をやめませんか?」ってならないか?
アフィリエイトがどうのっつーよりも、その便利な手法がどんだけ迷惑行為やねんと。

アフィリエイト病棟 25時 『自動生成ツールの愚』

【極悪アフィリエイトを斬る!】アフィリエイトページ自動生成ツール

上記のいかしたブログタイトルの両名のエントリに激しく同意。
(極悪アフィリエイトを斬る!さんとこは同じseesaaなのでちょと勝手に親近感沸きましたよ)

しかし、ブログに対する価値観というか思いが違うのできっと分かり合えないのだろうな。

関係ないが最近、どうやっても分かり合えないことがあることを思い知ったスレ(dat落ちてるかもしれませんが)
鉄道模型を捨ててから、夫の様子がおかしい
posted by sabo10 at 23:02| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | 個人的ないろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

ネットがなければもう思い出すこともなかったのに

広島で大学生だった頃、バンドをやっているサークルに所属していました。
下手だったな、ギターが。

まあそれはいいとして。

学校には同じような音楽系のサークルがいろいろあって、それなりに交流もあった。
よそのサークルで顔見知りもできた。

そんな中であるサークルにいた子らが学校を卒業したら東京に行くとかいっててさ。
当時同じ学校関係者のいないバイト先でもその子らのバンドを知っている人がいたぐらい、地元ではいけてた(のだろう。当時、ライブみにいったとないからよく知らないけど)。

そんな噂を聞いて数年たって、なんとかうまくやっているとか、広島に凱旋している(並木ジャンクションとかね)とか、いろんな噂を聞いていて、「おお、なんとかやっていけてるんやな」と思っていた。

家にスカパーを初めてひいたとき、見たかったスペースシャワーのチャンネルにあわせたら彼らのPVが流れててすごく驚いた。
「うおっ、こいつらもしかしてめちゃくちゃがんばっとるやんけー!」
とてもかっこよかった。

それから彼らの所属するレコード会社のWebサイトとか見てみた。
懐かしい顔というか、ほんとうにあの小汚いサークルBOXとか居酒屋でみた彼らだった。
学生の頃とあんまり変わっていないような感じがした。

で、そのバンドはある日活動を停止する。
4人いたメンバーはそれぞれに分かれて別のバンドをやったりしていた。

何がきっかけになるかわからないが、つい先日会社で調べものをしているときに「○○ボート」という単語を見かけて、数年ぶりに彼らのことを思い出した。
(活動停止後に一部のメンバーがやっていたバンド名が「■■ボート」だった)。

おもむろに検索。
みつかった。
しかし、そのバンドも活動を停止していた。

BBSがあって活動停止からだいぶたったことを知った。
そうか、どうしているんだろう。

と、思ったら(元)メンバーの一人がやっているブログへリンクがはってあった。
見たよ。
うおー、まさしく本人だよ。
書いてあることからそう感じた。

1年ぐらい前から広島に帰ってきていて、今は不動産屋で働いていた。
ブログに書かれた彼の言葉はとても真摯だった。

学校を卒業してすぐ上京したから、本格的に会社勤めをするのはこれが初めてで
「いままで自分の音楽を聴いている人たちに「仕事がつらくてもなせばなる、つらくてもがんばって」とか言ってたけど、ほんまにつらいねー」というようなことをブログの最初ごろに書いていて、なんていったらいいのか、

「まあ、ビールでも飲もうや」とか
「誰かの家で鍋したり、ゲームしたり、漫画よんだりしようまい!」

と言いたくなりましたよ。


何もできないが、ほんま、がんばれ。
程ほどにサボってな。
そして楽しく過ごすのだ。


それもこれも彼がブログを書いてくれていたから回りまわって知り合いの中でもかなーり薄い私が見つけていろんなことを考える。

いやー、ブログってほんとうにいいものですね。

スナッチ

このリンクがロングテールになって彼に還元されますように



posted by sabo10 at 22:06| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的ないろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

共感、それがつながり(多分)

「ブログ」をビジネスにつかう? どうやって?という疑問に答える1冊を読みました。
そのいかした社名でおなじみのシックスアパートさんが出している(?でいいんかな?)この本はとても体系的・具体的にブログってなに?仕事につかうってどううりゃいいのさがまとめられているとてもいい本でした。

ブログ・オン・ビジネス 企業のためのブログ・マーケティング
シックス・アパート株式会社
日経BP社 (2005/12/28)


実際にブログを使ったサイトリニューアルのやりとりを再現したところはとても具体的で「なんでブログでやるのがいいのか?」がわかりやすくてですね、プレゼンの箇所はものすごい臨場感がありました。

で、体系的にブログをビジネスでつかうっていうのはこういうふうに、という内容だったのですが、私はこの本の「ブログことはじめ」にあるブログの歴史(というかシックスアパートの短い歴史)がとても興味深い。

世界各地で使われているもっとも有名でしゃれたブログツール(と思う)はシックスアパートをつくったミナとベンという若い夫婦によるものですが、そもそもこのツールを奥様のミナのためだけに旦那様のベンがつくったというところ、とても美しい話だと思ったわけです。

奥さんの「自分の表現を誰かに見てもらいたい。昔見たアニメの話なんかでコメントがもらえたら嬉しい」というそんなちょっとした「ねえねえ、聞いてよ」っぽい小さな共感話をいろんな人に届ける仕組み、そんな小さな奥様の願いをかなえるツール、なんか素敵ですね。

長文になりそうなので、次回に続く(かも)
posted by sabo10 at 00:08| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 個人的ないろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

穴があったら入りたい

自分だけだとおもってしまったよー。
まじ恥。

気づかずその気にさせられたその手法に感服いたしました。
posted by sabo10 at 00:26| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 個人的ないろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

モノマネとインスパイヤとコピーと

最近読んでよかった本にこんなことが書いてありました。

だれかのマネをすることが成長のきっかけになりうる。
マネしたい人になりきって、「あのひとだったらどうするだろう?」と常に考える。
マネしていた人といつしか同じレベルになったとき、自分のオリジナリティが芽生えてくるという。

こころのエンジンに火をつける 魔法の質問
ちなみにこの本です。
長年キックしていないカブったエンジンにも火が入りましたよ。

HTMLを最初に知ったとき、他の人のサイトのソースをみて勉強したこともあります。
ただ、そのままソースを流用することは失礼なんじゃないかという思いと、少なからずその道に進みたいと思っていた自分はそのままソースを流用することはとても恥ずかしく何とか自分なりに消化してからつかわなければ負け(いやはなから勝負にならないことは分かってはいるが)、というような思いがありました。

以前からLivedoorのパクリっぷりにはうへ〜と思っていました。
Yahooとそっくりなポータルサイトを見てどこのブログサービスを利用しようかな〜と考えていたときにサービスの内容以前に「Livedoorで立てると知人にいえない・・・」と思いましたな。

それぞれのトップページ
・Yahoo
・Livedoor

そしてLivedoorのSNSっぽいサービス「フレパ」とmixiも・・・
両方のIDを持っている方はどうぞそっくりな様をご確認ください。
アカウントない方はZAPAブロ〜グさんのこの記事でどうぞ。

この辺から「Livedoor=インスパイヤ」の符号が話題になりだしたと思います。
相当言われたと思っていたのですが、飽き足らずさらにインスパイヤ発動。

画像アルバムサービスFlickrLivedoor PICS
私の心のオアシス小鳥ピヨピヨさんでこんな記事を読んだのでめちゃくちゃ同調。

ナニコレ・・・('A`)


恥も外聞もないのかね?
IT企業が聞いてあきれるよ。

ITというとなんか浮ついた感触もありますが、常に新しい技術が音速のごとく現れる中「うお、すげー!こんなん待ってたよ!」ってサービスを生み出すことができるのがITという言葉のひろーい範疇で仕事するものの醍醐味と思うのですよ。

いわばアイデア勝負。
なのになんだこれ。
オリジナリティ出る前にマネ元そのものになり代わろうとするあこぎさ。
モノマネ四天王とかが面白いのはモノマネされる本人に敬意を払っているのが見てて伝わるからで、「オリジナルを超えた」とかいわれると引いてしまうだろうな。

なんなんでしょう。
IT企業って地道な技術屋だと思っていたのですが、社長だけが面白くメディアにやたら露出するけどなにやって儲けているか不明な企業体のことなんですかね。

親類一同あつまったりして「お仕事は?」と聞かれても「IT関連です」ということに自分の技量以外に躊躇することになりそうです。1月28日に追記
posted by sabo10 at 21:25| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(2) | 個人的ないろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

ブログが履歴書の代わりになる可能性(殴り書き)

はてなの近藤社長の日記のエントリにあったエントリ『ブログで人材採用』

履歴書や職務経歴書は1日あったら(もっと短くても)書けるけど、1年分のブログは1年かけて書くもので、そこでより本人の興味や姿が出てくるという。

でもそういうことを考えながら書くブログは「こう見られたい」エントリばっかにならないやろか?


いえ、先日行った面接で「いま興味ある技術とかありますか?」とか聞かれてこうね華々しいことがいえないヘタレなわけですよ。

ちょっとのぞき見気分でWEB2.0とかAjaxとかそういう単語のでてくるブログとかね、サイトとか行ってみてすげーと思うのですがそんなの面接でいえなかったですよ。
開発しないし。

でも興味あることとかそんなんも自分用メモとしてこのブログでも書いて残しておきたいわけですよ。

チラシの裏に買いてろ、って感じですか?

なのでブログは読んでくれる人がいるということ、パブリックなものという認識はあるのですが、「そんなん誰もみてへんやろ」な気分で書きなぐりたいわけです。

こんなの情報発信でもなんでもないな。

というそんなツンデレとかかいてあるようなブログをとても面接官にだせるわけないと思った雪の日でした。



posted by sabo10 at 22:59| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的ないろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

技術者の仕事と作品

毎日のようにニュースを賑わせている耐震データ偽造問題。

先月出張にでたときに京王プレッソインに泊まったばかりなんですが、なにか?
ブロードバンド対応で、めちゃくちゃ静かで、焼きたてパン食べ放題でよかったんだけどな〜。


そんな感じで日々ニュース見たりしているわけなんですが、22日の報道ステーションをほろ酔い気分で聞いておったら、渦中のヒューザーの中の人の会見があったのです。

話の前後は不明なんですが、中の人が「あれも自分の作品なんです」みたいなこというてたわけです。なんかそんな感じのこというてはったのです。


そこで最近読んでる「ひとつ上のアイディア。」を思い出しました。
ひとつ上のアイディア。


ここにでてくるクリエイターの方は作った広告を自分の作品とはいいません。
あくまでクライアントのビジネスを達成するものと位置づけられています。
ほんとのプロですよ。

IT系の仕事してますが、この業界でもそうです。

大規模なシステム構築や製品開発をやっていても、実際にたくさんの人とユーザーの要望によって動いているのに、自分の作品やと思うプロマネとかいませんか?

お金をだすユーザーの依頼にこたえることが最優先なのに、あの最新技術使ってみたいと提案するいわゆるソリューション営業やSEはいませんか?

見栄えだけよいフラッシュばっかりつかったなかなかメニューがでてこないサイト作っておいて自分の作品です、っていうWEBクリエイターとかいませんか?


・・・うちの会社かも orz
posted by sabo10 at 11:52| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的ないろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

悲しい噂は嘘だといってくれ

FAN-JETからお知らせが届きました。


ハイロウズが活動休止



お知らせが届かない方へソース



もう ゴー!ハイロウズ!ゴー!のコールはできないのでしょうか


マーシーのスコブルも読めなくなるのでしょうか


なによりもうあのライブにいけなくなるのです


つらすぎ・・・


当然のようにライブのある日は会社を休んでました。
なにより愛するハイロウズ。

解散、じゃないだけましなのか?





しばらく何もする気が起きません


しかしすごくタイムリーなこれを読んだとき「べっちゃん!?」と思ったのはきっと私だけではないはずである。


ハイロウズ公式サイト

2006年1月にでる最後のベストアルバムFLASH~BEST~











posted by sabo10 at 22:04| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 個人的ないろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

技術の壁の向こう側とこっち側(2)

よい技術は社会によい価値を生み出すものだと思ってます。

なので、技術に明るい向こう側の人が自らキャンプファイヤーのごとく明かりを灯しているのがとても眩しく思うのです。

一人でSNSサービスGreeをつくった田中氏。

僕が六本木に会社をつくるまで

本書、東京出張したときに六本木ヒルズの近所で買って帰りの新幹線で読みましたよ。


初期のころは会社勤めの合間をぬって一人でサービスを提供してたっていうのが、会社に時間をとられていると言い訳がたつサラリーマンにはとても眩しく、そして鋭く突き刺さるのです。


あと百式管理人さんがやってるCheckPadな。

下手にコストと手間のかかるグループウェアをいれるよりいいんじゃないかと思ってやまないツール。

技術の向こう側を歩いていながら、こっち側にも足を残している感じがとってもします。


「なにをいまさら・・・」といわれても、いいのだ。

posted by sabo10 at 22:43| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的ないろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

技術の壁の向こう側とこっち側

どんな?といわれるとたいしたもんではないが、
IT業界の片隅で給料をもらっているサラリーマンである。

お金をもらってシステムを入れてもらうように提案する側である。
それも億単位なんてとんでもなく、もっともっと小さなもんである。

ちょっと知っている人だったらだれでもできるようなことも仕事になることもある。
本やネットでもなんぼでもやり方は調べられる。

それでもお金をもらってやれているのはなぜか?


1.単純な肉体労働に近いものだから

2.会社対会社の契約だから

3.本当に知らない人にとっては実はすごいことだから



Going My Way 【情報発信能力をどう生かすか】

いくらいい技術があってもそれを誰かに知らしめることができなければ日の目を見ることはないでしょう。情報発信能力っていうのは、持っている本人からすれば別に特別なことだと思わないかもしれませんが、実は非常に大事な要素なのかも。



自分じゃ知ってて当たりじゃん、「こんなんもうみんな知ってるよな〜」って思っていても、その出し方によっては誰かを壁の向こうに連れて行けるかもってことじゃないか。

やってみりゃ、いいじゃないか。

シェアとか競合とか先にやったもの勝ちとか、関係ないかもよ。

壁の向こうのさらに向こうの新しいところへ一番乗りじゃなくても。


posted by sabo10 at 22:12| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的ないろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

大阪発想源にいってみたりしました

だいーぶ前に書いたモアイ像の話でちょっとおすすめですよ、とかいたビジネス発想源のセミナーにいってきましたよ。

仕事柄セミナーというとMicrosoftとか技術者向けのカンファレンスとかしかいったこと無かったですが参戦してきました。

「国内随一」の高い質を誇るビジネス発想源ですが、なんとそれを越える超A級の事例が紹介されてて、いや、行ってよかったです。

裏ダンジョン発見した気分でした。


あれだけの事例をどうやって仕入れるのか、と思っていたのですが「実際に話を本人に聞く」のが多いといわれる弘中氏。

だからあんなに「わ!すげー!」という感じが伝わるのかなと思いました。


大阪は終わってしまいましたが

11月18日に福井で、

11月26日に長崎で ナマ発想源があります。


メルマガでは決して語られることの無い珠玉の事例を聞き逃されぬよう。

長崎、墓参りついでに行ってみたかったっす。





posted by sabo10 at 22:08| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 個人的ないろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再開しますよ

サボりーマンのくせになぜか忙しくサボれなくなったため
休眠させておりましたが、せっかく作ったので再開中。

この「仕事帳」は

●自分のネタのメモ帳に。明日のために丹下段平がジョーに出した葉書のように。(メモ)

●忙しいO社長とそこで働く皆さんへできるかぎりの情報収集(業務連絡)

のつもりで細々とひっそりとやっていきますよ。
posted by sabo10 at 21:42| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的ないろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月14日

これも個人情報保護法でなんとかならんかね

憤懣本舗「嫌がらせの『屋台』・無神経な『役所』」

大阪に引っ越してきてそろそと1年弱たちますが、関西地域はたこやき屋が多い。
なんか店舗と店舗の狭い通路みたいな隙間にある日突然店ができていたりする。
また、路上や娯楽施設周辺へ車で乗り付けて商売を突如開始することもある。路上で販売している場合は夜間が多くシャッターの閉まった他の店舗の前に出していることが多いと思う。

リンク先の記事は、突如現れた移動式たこ焼き屋の販売活動および脅迫によって閉店に追い込まれた喫茶店の話である。

経緯の概要は「喫茶店の前にたこ焼き屋がなんの断りもなく商売を開始する」→「喫茶店客数激減・ゴミ散乱近隣迷惑」→「喫茶店店主が役所に通報」→「たこ焼き屋、通報されたことに激怒し喫茶店へ攻撃開始(あそこの店は高いしまずいしなどと吹聴)」→「たこやき屋が脅迫まがいの言動(うちの息子ヤクザやねんで)」→「結局、喫茶店閉店」

たこ焼き屋が無神経なのはいうまでもないが、「店主が役所に通報」→「たこ焼き屋喫茶店攻撃」の流れにも大問題。店主が役所に通報したことによりたこ焼き屋と役所の間で話し合いがあったらしいが、そこで役所側が通報した喫茶店店主の名前を漏らしたらしい。

「あなた喫茶店の前でやってはるでしょ?あそこの○○さんからいわれましてねぇ〜」とでもいったのだろうか。アホが。役所側は「うっかり漏らしてしまった」とコメントしているようだがこういう不用意な個人を特定とする情報の流出もなんとかできんのかね。

オフィス街では移動式のお弁当屋さんなんかも多数いる。前にテレビでみたが若い女性がやっている移動式お弁当屋さんは、駐車スペースに気を使ったり路上駐車して販売する場合は近隣の店舗に了解をとってたよ。

若い娘ができること、なぜ先達である年長者ができないか。
「テキヤはみんなこうやで!」っていうなよ。


posted by sabo10 at 09:55| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的ないろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。