2005年12月24日

パソコン周辺での電気代

業務連絡

ITPro 『常時接続なら、1年間で5000円程度』

この時期、暖房器具がフル稼働なので電気代も気になります。

インターネット接続環境も常時接続が主流になっておりますが、ルーターの消費電力は年間約1,034円。
自宅でサーバを稼動している場合はもっとかかりますな。

またCPUへの負荷が消費電力を左右するとの記述が。

記事より引用:
起動後に何も作業をしていない状態では消費電力は約146W。インターネットで日経パソコンやYahoo!などのサイトを見ると約150Wとなった。このときのCPUの利用率は8%程度。さらにUSENのパソコン向け動画サービス「GyaO」で動画を見ていると、消費電力はさらに上がり約157Wになった。


ブロードバンド、オンデマンドビデオなど自宅でできることが増えると知らないうちに電気代も肥えているかもしれません。

posted by sabo10 at 23:17| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

バージョンアップでブログ対応も

ブログを直接編集できるホームページ・ビルダー10--データベース連携も

ブログ記事を投稿して管理、編集できる(しかもオフラインでも可)「My ブログエディタ」機能が新たに追加。

対応するブログサービスとアプリは
・Amebaブログ
・AutoPage
・gooブログ
・ココログ
・So-net blog
・livedoor Blog
・Movable Type 

の7つで順次拡大される予定。


DB連携もできる「データベースWebパブリッシュ」機能も新しく追加されてます。
ただし、ページを公開するのは手動で自動的にデータベースにアクセスしてページを自動的に公開する機能はない。
posted by sabo10 at 12:43| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

「学校にオープンソースを導入しよう!」、IPAが小冊子を発刊

学校にオープンソースコンピュータを導入しよう!―オープンソースソフトウェア導入の意義と方法

情報処理推進機構(IPA)が教育現場でのオープンソース(つかLinuxだな)の導入についてまとめた小冊子。

いくつかの学校での事例もあり、内容も技術書というものではなく一般の教職員や教育機関のお金を出す人向けに平易な文章で書かれています。

特にCD起動のLinux「KNOPPIX」だと

・みんなが常に同じ環境で使える
・運用管理が楽(生徒が勝手にソフトを入れたとか設定を変えたとかのトラブルがなくなる)

といった運用管理面でのメリットがシンクライアント同様にあります。


でも、運用していて困ったときにはベンダーが直接リモート操作で原因切り分けをしてもらったという事例がたくさん載ってましたが、それは別にオープンソースに限った話じゃないような・・・


Knoppix Hacks―カスタマイズとシステム管理のテクニック

KNOPPIXでLinuxを使いこなそう

posted by sabo10 at 17:26| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

業務連絡

マイクロソフト、古いPCに命を吹き込む新Windowsを開発中


開発コード名「Eiger」では古いPCをシンクライアントとしてよみがえらせることを目的に設計されている。従来のシンクライアントとは違い、Internet ExplorerやWindows Media Player、ウイルス対策ソフトなどのプログラムをローカルで実行するようにできている。
posted by sabo10 at 16:08| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月12日

業務連絡

極小シンクライアント USB、機能アップ

USBデバイス開発販売会社の株式会社サスライトが10日に販売を開始した「SASTIK-0MB II Standard」。以下引用。

インターネットに接続した PC の USB ポートに刺すと同社のサーバーに接続、メールの送受信やブラウザによる閲覧ができるが、自身では記憶媒体を持たないので、落としたり盗まれたりしても情報を漏洩する危険はない。シンクライアントの USB 版だ。
posted by sabo10 at 11:21| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月11日

CTO、シンクライアントと運用システム“DIDシステム”を発表

CTO、シンクライアントと運用システム“DIDシステム”を発表

CTO(株)(旧社名エフ・アイ・シー販売(株))は10日、シンクライアントとサーバシステムの販売を開始。価格はオープン。

クライアントOSはWindowsXP HomeEditionとOffice2003Perdonal搭載モデルとOS無しモデルがある。
サーバは独自の「DIDシステム」を採用し、OSにはDOSベースの“DID server OS”を利用する。

製品ラインナップを「企業/教育関連/公共施設向け」「ホテル/宿泊施設向け」「インターネットカフェ向け」と導入モデル別にしてある。

参考:
CTO(株)製品紹介ページ

posted by sabo10 at 11:04| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。